Warning: getimagesize(http://sll.heteml.jp/aotajuku/wp-content/uploads/2016/05/logo1.gif): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/fkinc/aotajuku.net/public_html/wp-content/themes/msx-03-160903/functions.php on line 367

函館の個別指導学習塾 ITTO個別指導学院

感動個別 一人ひとりに「わかる」感動を

得意なもの、苦手なもの。好きなこと、嫌いなこと。100人いれば100通り、みんなそれぞれ違います。でも、興味があることには思いっきり熱中する・・・これはみんなに共通して言えること。大切なのはどう教えるかではなく、どうやったら興味を引き出せるか、ということです。当塾のマンツーマン指導では、講師が授業時間中つきっきりで、様々な角度から生徒を見つめ、「この生徒には何が必要なのか」「どうやったら伸びるのか」を徹底的に考えていきます。大勢の中では「みんなはわかっているから」「はずかしいから」聞けなかった「わからない」が、「わかった」へと変わるとき、興味の芽は大きく膨らみ、「わかる感動」へつながるのです。 一人ひとりに「わかる感動」を・・・それが、私たちのモットーです。

教育にも色々ありますが、勉学中のお子様に限定するなら、そのお子様への教育は何のためになさっていますか? 学校での成績を上げるためですか? 知識を詰め込むためですか? 有名大学へ入学させるためですか? 夢を叶えてあげるためですか? 教育方針は十人十色、どこにも正解などありません。しかし一つだけ確実にいえることは、「いつかお子様は社会人として自分の力で生活を始める」ということです。もちろん人によっては多くの支えを必要とする方もいるでしょう。しかしその度合いに違いはあっても、基本的には自分の生活は自分が切り拓くことになります。社会の中で生き抜くことはそう簡単なことではないはずですが、昨今の若者の中には「簡単だ」と勘違いしている方が多いように思います。私なら、「社会の中で生きることは本当に大変なことなんだよ」と子どもに伝えます。「だから勉強も大事だけれど、多くの人の中で正しく力強く生きる術(社会人基礎力)も学びなさい」と伝えます。 「教育は何のため?」と問われたら、私なら、「自立してもらうため」と答えます。ITTO(イットー)の教育は、子供が自立していくための知恵を育てるプログラムです。

学習塾の選びのポイントって何だろう?

世の中には様々なタイプの学習塾があります。

大手が経営する集合タイプの学習塾や、先生一人が自宅を教室代わりに運営している個人塾など、規模も仕組みも多種多様。 しかし、誰にとっても完璧な塾はどこにもありません。必ず塾側にとっての得意・不得意、保護者様・お子様にとってのメリット・デメリットが存在します。

塾のタイプの違いをご存知ですか?

ここでは分かりやすく、個別指導塾と集合塾との違いに特化して説明しますが、どちらも一長一短があります。 要は、自分の子供の性格を考えたときに、一体どちらが向いているのか、どちらのほうが成績が伸びやすいか、塾選びで一番重要なのはそこです。

特  徴 個別指導塾 大手集合塾
授業について行けない子 ×
学校の授業では物足りない子
勉強習慣があり独力で先に進める子
わからないところをその場で聞ける雰囲気
周囲と競争させて伸ばす ×
個々の講師の教務力
いつでも個別面談を受けられる

塾選びで重要なのはお子様との相性です。

お子様に適した塾さえ見つかれば、あとは「やる気」と「やり方」次第で、ほとんどの場合成績は伸びます。しかし相性の良い塾が見つかるかどうかが問題です。 家を建てるとき、車を購入するとき、生命保険に入るとき、誰しも徹底的に考え、悩み、比べると思います。しかも今回は、家や車よりも遥かに大事な我が子の将来がかかっている塾選びです。是非、お子様のために真剣に考えてください。そしてお子様にとっての最善の塾を選んでください。

実際に見に行く、体験する。

多くの塾には無料の体験授業があると思います。塾選びに失敗しないためには、まず足を運ぶことです。 噂や評判だけにまどわされるのではなく、実際に保護者の方とお子様とで現場に行ってみましょう。 出来れば体験授業を受けてみることをお勧めします。見学や体験授業を受けたからといって、即決しなければいけないわけではありませんので、まずは比較してみましょう。 実際に来校してこそわかるその塾の雰囲気も大切な選択要素の一つです。 ここに通いたいか、通わせたいか、来校してじっくり感じ取ってください。

納得のいくまで聞く。

体験授業と同時に面談もしてもらって、どんどん質問するのも欠かせないポイントです。その時に、何を聞いたらいいのかわからない、ということにならないように事前にチラシやホームページなどをチェックして、気になる点や質問事項をメモしておくことをお勧めします。いい塾は質問を歓迎します。